お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら
スポンサーリンク

【要約】無料ネタバレ「生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい」

バトル

こんにちわ!CF blogです!o(^▽^)o

本日の面白い漫画を紹介していきます!

今回は読み応え120%の作品!!「生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい

↓↓試し読みはこちら!↓↓



①あらすじ&ストーリー

史上最年少の騎士・アルタの正体は、伝説の《剣聖》の生まれ変わりだった。前世で剣の道を極めたことで燃え尽きた少年は何にも熱くなれない二度目の人生を送っていた。ある日、次期国王候補の少女・イリスの護衛任務を命じられ、彼女が通う学園に剣術講師として潜入することに。彼のあまりに幼すぎる風貌に、戸惑いを隠せない生徒たちをその剣の冴えで軽くあしらうアルタだったが――「先生。私と、本気で戦ってください」当代の《剣聖姫》と謳われるイリスが元《剣聖》に挑みかかる!これは《剣聖》という名が繋ぐ少年と少女、二人の物語。

まんが王国より引用

第1話 <剣聖姫>の護衛

アルタ・シュヴァイン 【ガルデア王国】最年少騎士。

前世は世界最強【剣聖(けんせい)】の異名を持つラウル・イザルフという男。

圧倒的強さの要因は、前世の能力を引き継いだ生まれ変わりであった。

ラウル・イザルフは人生をかけ剣の道の頂点を目指し、頂に到達し、1人静かに人生を終えた。

はずだった。

その死から3年後、アルタとして能力そのままに転生。王国最年少騎士として2年経つ。

今世のモットーは「楽して稼いで悠々自適な隠居生活を送るんだ!

アルタは王国の騎士集団【国狼騎士団】とし王都を守護している。

アルタは貪欲に仕事をする。目的は1つ。稼ぐために 笑(討伐数・残業)

アルタが黒狼騎士団で充実して仕事できるのには騎士団長・レミイル・エイン

愛嬌があって話しやすい理想の上司。ちょっとだけしつこく面倒くさいのが難点。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の任務は王国4大貴族の1つ ラインフェル家の一人娘 通称《剣聖姫》イリス・ラインフェルの護衛

イリスは護衛を極端に嫌がる傾向がある。熟考の結果・・学園に講師として乗り込む事に。

学園の生徒は15歳。アルタは現在12歳。馬鹿にする生徒相手に1対クラスとして模擬戦を挑む。

「実力を見せて、まずは動き回りやすい状況を作る。」イリス含め、全員の生徒の攻撃を受けきる。

イリスは本気を出した。全身汗だくである。
剣聖姫としてここで挫けるわけにはいかない。

この戦いは模擬戦だった

魔法を使った実戦ではない。

イリス「私と本気で戦ってください

アルタ「・・・へ?

第2話 戦いの条件

クラス全員との模擬戦後、アルタの講師生活は始まった。

アルタは女子生徒の人気者になり、男子生徒の嫉妬の対象になっていた。

イリスだけは本気でアルタと戦いたい。それをしきりに言って付き纏われた。

根負けしたアルタは[30分で自分を捕まえられたら本気で戦う]事を提案する。

必死で追いかけるイリスと逃げるアルタ。

途中、森でイリスは命を狙われる。ナイフを左腕に喰らってしまい、麻痺毒で動けなくなる。周りは黒ずくめのマントを被った男がイリスを囲んでいた。

ギリギリの所でアルタが登場。アルタは黒ずくめの男達を一瞬で倒していく。

団長の勘は正しかった。イリス・ラインフェルは何者かに命を狙われている。

黒ずくめの男のリーダーらしき人物がフードを取って話す。

?「<剣聖姫>と戦えると聞いて嬉々としてやってきたのだがね・・。あの程度の攻撃も交わせないような娘。
戦う価値もないと思っていたが、貴殿がこうして現れた。」

私の名前はアズマ・クライ。<剣客衆(けんかくしゅう)>の1人だ

第3話 <剣客衆>

剣客衆(けんかくしゅう) お金さえ貰えればどんな善人を斬り殺す傭兵集団。

この集団の強さは圧倒的である。依頼された任務は必ずこなす。

アズマ・クライが得意の剣術で攻撃を繰り出す(居合い斬り)

アルタは指を動かし攻撃を防ぐ。

アズマ「<インビジブル>・・だったかね?」アルタ「!分かる人がいるんだ」

インビジブル
見えない風の刃を飛ばし、離れてた敵とも斬りあえる魔法剣。<剣聖>ラウル・イザルフが得意としていた剣術の1つ。

激しい戦いが続く。そして・・・

アズマ「死際にこれほど高揚していた気分になるとは・・・くはははは!」

アズマは居合斬りで アルタにやられた。

アルタ「・・・ふう。もう敵は去りました。安心していいですよ」

イリス「ありがとう。・・それと、捕まえました」

イリスの戦いたい理由

伸び悩んでいる中、アルタが講師として現れた。成長できるチャンスを逃すわけにはいかない。

話を聞いたアルタは同じ騎士として悪くない話だなと思う。

放課後に稽古をつける事に。その条件として[あるもの]を付けてもらう。

アルタ「なんでもやってくれる でしたよね」

第4話 <蒼剣>

今回の侵入を警戒し結界を強くする王国。

イリスに付けた耳飾りは[探知の魔法]をかけており、常に居場所を追えるようになった。

騎士長が街に情報共有に現れる。

剣客衆は数人で動く。→すなわち黒幕はまだ潜んでいる。

現在、一等士官<蒼剣>の異名を持つ剣士一向が追跡している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

王都郊外で剣客衆の会議を<蒼剣>ベル・トルソーが発見。盗聴に成功。

情報を持って帰ろうとする所を剣客衆にバレてしまう。

ベル・トルソー「ここで負けるわけにはいかない・・生かせるか!!」

第5話 稽古の時間

王都ではのんびりとした日々が流れていた。

イリスとの修行中、アリアが現れ、アルタに試合を挑む。

アリアはクラス唯一の二刀流。なかなか強く、かなり実戦慣れしている様子。

実力を確認し試合を終える。どうやらアリアはイリスの気を引きたかったらしい。

イリスのこれから始まる修行は第6感を鍛える事。風に流れる葉を切る課題。

稽古をつけながら剣客衆から自身でも守れる力を身につけれるように鍛えていく。

夜間の護衛中、騎士長が学園にも現れる。表情が暗く、いい話ではなさそうだ。

「ここより外れの教会で<蒼剣>ベル・トルソー率いる追跡隊の遺体が発見された」

第6話 休むことも修行のうち

現地にはベルが最後まで戦っていたであろう痕跡が残っていたが、敵が傷付いた魔力痕は発見されなかった。

ベルが最後に残したもの 奴らの会話が入っている録音機だった。

情報によると敵は3体。リーダー格・騎士複数を切り捨てた主力・ベルを倒した男

3人の男が学園に向かっているとの事。

王国内で迎え討てるのは騎士長とアルタのみ。2人で迎え撃つしかない。

休む間もなく敵は襲ってくる。正面から結界を突破してきて敵は現れた。

俺の名はフォルト・マセンタ。アズマを殺ったてめーと<剣聖姫>を殺りにきた

②見どころ

アルタはいつ実剣を抜くのか?

今の所魔法剣【インジビブル】だけの攻撃です。剣客衆との戦いでは絶対に本気を出す必要があると考えられます。となると【剣聖】と呼ばれる所以の剣技がいつ出るのか?

非常に楽しみなところですo(^▽^)o

③【会員登録無料】おすすめサイト紹介

ほのぼのとシリアスな場面が相まって見応えがある作品となっています!!

筆者が漫画を読むのはいつもこのサイト!
なぜなら無料漫画も多く、購入では大手漫画サイトよりも1巻当たりの料金が43円安い
ポイント還元率も最大50%還元(鬼滅の刃23巻まとめ買いで4500円お得)とコスパ◎だからです!

ぜひ覗いて見てください♪\(^^)/

〜「生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい」の続きを読む!〜

無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました